徳田 建/一寸一杯 GRCL-4014/CDアルバム/¥2,160(税込)
発売日:2016年4月27日
grcl-4014b.jpg

1.夏はビーサンだ
2.光る丹後
3.サンセットカフェ
4.fence
5.久高島
6.Summer Brother
7.Boy's Heart
8.帰り道
9.イグアナ
10.一寸一杯

犬のオッさんこと徳田建、優しさに包まれた12年ぶりの3rdアルバム!

犬のオッさんこと徳田建による12年ぶりの3rdアルバム。収録曲は、初期作品を含めてほとんどがライヴでお馴染みの曲ばかり全10曲。名を馳せることも無く地味な20年間の旅で培った『人』との繋がり(宝物)と、歌唄いの孤独と夢が、彼独特のニュアンスと感性で紡がれている。まるで親しみやすい歌のコンビニのようだ。サウンドは、湯川トーベンを始め強力なサポーターによって創られ、徳田建のメッセージをフレンチっぽさに乗せ、気取らず心地良く、聴く者の心にポップロックにして響かせていく。彼は、「周りの人たちの支えのおかげ」で音楽活動を続けていけると感謝の気持ちを忘れない。綱渡り人生の終盤に向け新たな旅に出るオッさんの歌は、どこか切なく人恋しくさせ、またいつかどこかで聴きたくなる優しさに包まれている。そして、見えぬ明日への希望を与えてくれる。『明日のために、一寸一杯!』

枚 
[ プロフィール ]
徳田 建:1950 年生まれ 兵庫県芦屋市出身仲間と共に音楽活動を始めて以来、書き続けた曲と詩を40歳を過ぎてから京阪神を中心にライブを通じて唄い続けている。西宮市 にて阪神大震災被災の後、様々に移ろいゆく世の中に宿る変わらぬ優しさと温かさをテーマに作品を凝縮。 2000年、50歳を期にCD『徳田建/犬の唄』を自主制作。誰の心に中にもある温もり、そして唄うことから生まれ出る力が人に伝わるよう願いを込め、また捨てられたペット達の命が救われる事を祈りつつ活動を続けている。2004年に2ndアルバム『風にゆられ』、そして、2016年3rdアルバム『一寸一杯』を発表。
gw_border_r_l.gif